TOPへ戻る

虫歯治療

虫歯とは、ひとことで言うと酸によって歯が溶かされる病気のことです。
お口の中にはたくさんの細菌が存在し、その中で、ミュータンス菌などの虫歯菌が食事の糖分を体に取り込み、酸を出します。この酸が歯を溶かし続けることで、虫歯になってしまいます。

虫歯は、歯周病と並び、口腔内の二大疾病の一つに数えられています。初期を除いては自然治癒することはなく、放置しているとどんどん悪化してしまいます。初期の段階では自覚症状がないため、気付いた時には重症化していることも少なくありません。また、一度治療をしても再発しやすく、最悪の場合は抜歯に至ることもあります。そのため、虫歯は早期発見・早期治療が何より大切です。

 

虫歯の原因

虫歯の原因は、細菌、食物、お口や歯の状況、時間と言われています。
虫歯の原因となるのは、「ミュータンス菌」という細菌です。 この細菌は、口の中に砂糖が入ってくると、活発に働いて歯垢をつくります。虫歯は、虫歯菌が糖を分解してつくる酸が原因です。
酸によって歯が溶かされ、軟らかくなってしまう状態のことです。

虫歯になる原因の例

歯磨きがうまくできない

歯磨きで取るのは歯垢です。歯垢の中に細菌が存在し、中には虫歯菌も沢山います。
しっかり歯垢を落とすことができないと、飲食後にそれらの細菌によって酸がたくさん作り出され、唾液による再石灰化が追い付かなくなり、虫歯が出来てしまうのです。まずは歯垢をしっかり落とすことが大切です。見落としがちな奥歯の溝・歯と歯茎の境目・歯の間の歯垢も、歯ブラシや糸ようじ・歯間ブラシで落としましょう。

間食が多い

食事ごとに虫歯菌は糖分を素に、酸を作り出して歯の脱灰を進めます。3回の食事以外に間食をたくさんするという人は、それだけ歯の脱灰が進みやすい環境になってします。
できれば歯の為にも、間食は控えること。そして、虫歯の原因になる糖分を控える事をお勧めします。もちろん、甘い飲み物も控えましょう。

虫歯菌の数が多い

虫歯菌の数は、一人一人違います。虫歯菌の代表、ミュータンス菌は親から感染すると言われています。元々は、虫歯菌がない赤ちゃんのお口の中ですが、スプーンや箸を親などと一緒に使って食べさせることで感染する場合が多いのです。ここで、虫歯菌の感染が少なかった人は虫歯菌の所有数は少なく、虫歯になりにくいようです。

 

虫歯の進行について

C1 - 痛みを伴う自覚症状なし

歯の表面に白い斑点としてあらわれ、だんだん黒ずんできます。
奥歯では溝に沿って白いスジ状になることもあります。
この段階で消したいものです。

C2 - 冷たい水や風が歯にしみる

虫歯はエナメル質と象牙質の間に沿って横に広がる事が多く、小さな範囲に見えても広範囲を削らなければならないこともあります。

C3 - 熱いものもしみズキズキ!

歯髄を取ってしまうと歯はもろくなります。
しかし歯髄はデリケートで、炎症を起こすと治りにくく腐りやすいので、取らざるをえない事が多いようです。

C4 - 歯の根だけが残る末期症状

以前治療した歯の隙間から再び虫歯になったり、詰め物が取れたのをそのままにしている事からが多いようです。
歯の根まで虫歯か、化膿していると抜歯です。

 

通院回数

軽度な虫歯の場合(C1、C2)

神経に届かないレベルの軽度の虫歯の場合、虫歯部分を削り、プラスチックをつめるだけなので治療は1回で完了します。治療中に痛むことはなく、ほとんどの場合、麻酔は必要ありません。神経には届かないまでも、範囲が大きかったり、治療箇所が歯と歯の間にあったりする場合には、型取りに1回、詰めるのに1回で、計2回の治療が必要となります。場合によっては多少痛みを感じることがあるので、痛くないように麻酔を行います。

重度の虫歯の場合(C3)

歯の神経まで虫歯が進行している場合、かなりの痛みがあるため、痛くないように麻酔をして神経を取り、そのあとに詰め物を入れる治療を行います。治療期間は、通常は短くても7~10回、期間にして約3カ月から半年以上かかることがほとんどです。当院では1回の通院でできるところまで治療を進めるため、通常よりも少ない回数で治療を終えることができます。

神経が壊死した状態の場合(C4)

神経が壊死し、歯の根だけが残る状態まで悪化した場合は、様子を見て歯を残すかどうかを決めていきます。歯が残せる場合はC3に準じた治療を行いますが、残せない場合は、麻酔をして歯を抜き、歯の根元に溜まった膿を取り出します。抜歯した場合、治療は1回で終わります。(抜歯後の様子を診るため、後日来院をお願いすることはあります)
その後はブリッジや義歯、インプラントといった治療となります。

抜歯になるケース

虫歯がさらに進行し、動揺が強い歯、歯冠が崩壊して歯根のみとなった歯は抜く以外に方法はありません。この状態で長期間の放置は虫歯の進行となりますので早めの受診をお勧めします。

 

虫歯の予防法

① 歯垢を作らない

歯垢を作らないことが、虫歯予防の基本です。毎日の歯みがきで歯垢をしっかり落としましょう。
歯垢がつきやすい歯と歯の間や歯と歯茎の境目、奥歯を嚙みあわせる部分は特に念入りにブラッシングしてください。歯ブラシではどうしても届かない部分は、歯間ブラシやデンタルフロスを併用して、歯と歯の隙間にこびりついた歯垢も根こそぎ除去しましょう。ただ、それだけやっても完璧に歯垢を除去できるわけではないため、歯科医院で定期的にクリーニングしてもらい歯垢や歯石を取ることをお勧めします。

② 酸から歯を守る

酸から歯を守ることは、虫歯を予防するために非常に大切です。
ミュータンス菌は糖分を栄養源にして酸を作り出すため、この酸が虫歯を作る直接的な原因となります。そもそも酸を作らせないことが重要になってきます。酸の産出を防ぐために、虫歯菌のエサになる糖分がたくさん含まれた甘いお菓子やジュースはできるだけ控え、甘い物を食べたあとは歯みがきするか、口をすすぐようにしましょう。「ダラダラ食いや暴飲暴食は禁物です!」

 

初診時の治療の流れについて詳しく見る

 

当院の痛みに配慮した治療

歯科治療で最も嫌なこと、それは「痛い」ことではないでしょうか。
当院では、しっかりと麻酔を効かせてから治療を行います。麻酔の針を刺す際も、表面麻酔をして極力痛みの出ないようにしています。細い注射針の使用もその一つです。